豊かな自然と2種類の温泉を楽しめる温泉

二つの温泉と効能

  • HOME »
  • 二つの温泉と効能

当館では二種類の温泉を同時に楽しめます。

2spas

手前の大きな浴槽が透明な湯の「飯田温泉」でジェット付きです。奥の小さい浴槽が淡黄色の湯の「大峯温泉」です。

飯田温泉

  • 源泉温度:11.9℃
  • 温泉法第2条に規定する「総硫黄」の項により温泉に該当
  • 湧出量:3.5L/分
  • 無色透明・弱硫黄臭・弱苦味で、成分総計は222mg/kg

大峯温泉

  • 源泉温度:13.0℃
  • ナトリウム-塩化物冷鉱泉
  • 湧出量:4.1L/分
  • 淡黄色透明・無臭・弱苦味で、成分総計は2,986mg/kg
  • 慢性婦人病・皮膚病・火傷・切り傷・虚弱体質などに効能があるといわれています。

温泉保養のすすめ

新潟県上越市板倉区は「富士箱根伊豆火山帯」に位置し、新潟県西部から長野県、山梨県、静岡県を通り、太平洋上を伊豆・小笠原海溝に沿って伊豆諸島、小笠原諸島へと延びる長い火山帯に属しています。これは、深い地下に脈々として安定した温泉源を有する地域であることを示しています。
また、地殻変動などで地中に閉じこめられた海水が地熱で温泉になる「非火山性深層熱水」の分布地域の一部でもあります。この分布は、日本に数多くの温泉がある中で、北海道の一部、北日本の日本海側、関東など狭い範囲でしか分布していません。
これらに該当する地域にある「ゑしんの里 やすらぎ荘」には「単純硫黄泉」および「ナトリウム-塩化物泉」の異なる泉質の温泉が2つあることが特徴です。
単純硫黄泉は、末梢血管拡張作用が強く、動脈硬化症、高血圧、心臓病に適した「心臓の湯」といわれます。
ナトリウム-塩化物泉は、皮膚についた塩分が体温の放散を妨げるので保温効果が高い「熱の湯」といわれ、関節痛、筋肉痛。リウマチに有効といわれています。
また、泉質濃度が薄いため、刺激が弱く作用も穏やかであるため、のぼせにくく、皮膚刺激も柔らかであるのが特徴であり、幅広い年齢層の方々に親しまれるまさに、「やすらぎの湯」が楽しめます。
なお、温泉による保養効果を高めるには入浴前後の水分補給、入浴後の適度な休憩、肩まで湯に浸かる全身浴だけでなく部分浴(腰湯・足湯)との併用をお勧めします。

日本温泉気候物理医学会評議員
医学博士 清水富弘

まずはお電話で TEL 0255-78-4833

営業時間、定休日


【営業時間】
入浴:10:00~20:00
(9:00から入館できます)
宴会:11:00~21:00

【定休日】 毎週火曜日
※お盆・正月は営業いたします)

関連サイト


PAGETOP
Copyright © やすらぎ荘 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.