光ヶ原高原で栽培されている「霧下そば」
標高800mの光ヶ原高原では、昼夜の寒暖差が大きく霧が多いという特性から、香り高く大変良質なそばができるそうです。